LOADING...

あるある館|LIXILリフォームショップ

有限会社 アサダ建設

メニュー
MENU
耐震性・制震性SEISMIC & DAMPING

起きてからでは遅い、耐震・制震の必要性。

近年、東北地方太平洋沖地震をはじめ、未曾有の大震災が頻繁に発生し、多くの方々の尊い命が失われました。
阪神淡路大震災では、昭和56年以前の旧耐震基準で建てられた木造住宅に特に大きな被害を受け、今後このような同規模の地震が起こった際に深刻な被害が出ることが危惧されています。
いつこのような大きな地震が発生してもおかしくないこの状況の中、家族の安全・安心な生活を最優先に考えるのも一つのリフォームの提案と考えております。

ハードロック2による耐震補強

制震システム TRCダンパー

耐震補強の流れ

STEP1

現地調査・床下調査

設計や工事の専門知識を持つ耐震診断士がお宅へお伺いし、部屋の広さや高さ、間取りなどの細部まで建物の傷み具合をチェックします。
さらに専門家が床下に潜り、シロアリ被害の有無など床下の状況をチェック。現場を知り尽くしたスタッフが漏れなく調査を行います。

STEP2

コンピュター耐震診断

現地調査の結果や間取り、各部位の劣化度合などのデータをプログラムに入力し、お住まいの建物の耐震強度を数値化して診断。「建物の形や壁の配置」、「筋交いと壁の割合」といったチェックポイントごとに結果を表示し、地震への強さを総合的に判定します。

STEP3

耐震設計

耐震診断の結果を基に、「地震に強い家」を設計します。具体的には、弱い壁を耐力壁に替えたり、壁の配置バランスを改善、屋根を軽くするなどさまざまなアプローチをご提案。耐震性というハード面と、生活動線を考慮したデザインのソフト面を両立させます。

STEP4

施工

綿密な耐震設計プランに基づき、現場を熟知した技術者が施工を行います。
上記の一例のような基本的なご提案のほか、屋根の葺き替えや梁補強、地盤改良、基礎補強など多様なご要望に対応いたします。

PAGETOP